ひまつぶしのひつまぶし

アクセスカウンタ

zoom RSS 私の頭の中の消しゴム(ネタバレあり)

<<   作成日時 : 2006/02/04 11:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ごめん。全然泣けなかった。あたしだけ?
12月に見たけど書くの忘れてたくらいだし

画像


さぁ感動させてください!って準備万端過ぎたから?
それにしてもぉ…
ソン・イェジンちゃんは真剣に愛に生きるというよりはかなり「あばずれチック」だし
ま、社長令嬢の設定ゆえそれを大目に見たとしても
若年性アルツハイマーであると分かってからも
ただただ人生を悲観するだけのようで
チョルスの前から姿を消すなんてくだりは
逆にイラっとしちゃった。
なんつーか 過去の反省も未来への希望も与えてくれません。


チョルス(チョン・ウソン)は最初あれだけスジンの求愛を拒否しておきながら
いつ、どの時点でスジンの為に生きようと方向転換したの?
公式なストーリー紹介では「スジンの献身的な愛により〜」とのことですが
え〜〜〜?そうかぁ?
見るかぎり女の一方的な愛に振り回されてたじゃん!!
絶対、嫌がってたってば〜。「うっせえよ」って心の声が聞こえたぞ。

それがスジンの陰謀で家族に無理やり会わされてから
アレ?いつの間に?って感じでなし崩し的に恋人に。
心の葛藤も何もなかったし。
天涯孤独で愛なんて信じない男だったんだから その心を動かすほどの
何かがあってもいいのにね。
むしろ、家柄に惚れて野心を持った…って言われた方が自然だよ。


韓国ドラマではこういった貧富の差を筋に加えてくる事が確かに多い。
「お金持ちじゃなかったらそんなことしてられないよ!」とつっこみを入れてやるのも飽きた…

とにかく全体的に新しいところが何も感じられなくて
食傷気味になりつつある韓国メロの悪しき一例みたいになった感あるわ〜。


しいて言うなら
イェジンちゃんコーラ一気飲みで思い切り「ゲップ」するところ。
女優根性見せてくれました!

欧米では(たぶん韓国でも)ゲップを人前でするのは
オナラより下品とされているんだぞ〜!



しかし 観客動員はずいぶん良かったようなので
「分かり易い映画」だったんだろうな…

「4月の雪」はさっぱり分からなかったって親戚の叔母がくどいてたから(笑)


★★

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
私の頭の中の消しゴム(ネタバレあり) ひまつぶしのひつまぶし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる